プロパンガス料金が高い訳|プロパンガス料金を安く節約

HOME > プロパンガスが高い訳

プロパンガス料金はなぜ高い?

あなたは、プロパンガス料金は「公共料金」だと思っていませんか?だとしたら、相当に損をしているかもしれません。

プロパンガス料金は、公共料金ではありません。

「じゃ、どうやって値段を決めてるの?」

業者が、独自に決めているのです!

競争がない特殊な市場が原因!


プロパンガスの市場価格はずっと、企業間での競争がない特殊な市場にありました。高い単価を維持できるよう、業者同士がお客さんの取り合いをしない事を、わたしたちの知らない間に取り決めていたのです。これは、完全な談合状態!

前述したとおり、プロパンガスは「公共料金」だと思っている方が多いのをいいことに、プロパンガスの相場価格は、都市ガスに比べてずっと高い状態でした。

そこで1997年、今まで不透明だったプロパンガスの価格を明確化するよう法改正が行われました。

しかし、多くの消費者はこの事実を知りません。わたしもまったく知りませんでした・・・。

それをいい事に、一部の業者ではより多くの利益を得るために、普通の価格市場では考えられないような値上げを行いました。 その結果、もともと企業同士の競争がなく高かった相場価格が、さらに高くなっていったのです。

スポンサーリンク

適正価格にする方法とは?


なので、知らずに高いプロパンガス料金を、何年も何十年も払い続けているご家庭がたくさんあるのです。

「じゃ、交渉して安くしてもらおう!」

と思っても、直接業者に交渉をしても絶対には言えませんが、安くなることはないと思います。今の業者に交渉するより、プロパンガス会社そのものを切り替えることが最も効果的と言えます。

最近では、プロパンガスの料金交渉やプロパンガス会社の切り替えを、なんと無料で行ってくる会社や団体が多く存在します。

我が家では、年間2万円程度料金が安くなりましたが、中にはなんと年間5万円近くもプロパンガス料金が安くなったという方もいらっしゃいます。

それら団体のホームページでは、あなたのご家庭のプロパンガス料金が「適正価格」なのかどうか、ネット上で調べることができます。

例えば 【エネピ】 では、無料で各社の見積もりを取って比較・検討できるだけでなく、プロパンガス会社の切り替えに伴う面倒な手続きまで、すべて無料で行ってくれます。

あなたのご家庭で利用されているプロパンガス会社の料金が「適正価格」ならばひと安心・・・。まずは、見積もりだけでも取ってみてはいかがでしょうか?

簡単な気持ちから、無料見積もりを取ってみたら年に5万円近くもプロパンガス料金が安くなった!

なんて可能性も大ですよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

ソーシャルメディア



↑ PAGE TOP