プロパンガスと都市ガスとの違い|プロパンガス料金を安く節約

HOME > プロパンガスと都市ガスの違い02

プロパンガスのメリット・デメリット


【プロパンガスの特徴】
プロパンガスは、液化石油ガスと呼ばれ、主成分はプロパン・ブタンで、圧縮することにで、常温で容易にプロパンガス液化できるガス燃料(気体状の燃料)の一種です。都市ガスと違い空気より重いのが特徴です。

英訳ではLiquified Pretoleum Gasと呼ばれることから、LPガスやLPGといった呼び方もされます。

料金が高く、あまりよいイメージのないプロパンガスですが、もちろんプロパンガスならではのメリットもあります。

【プロパンガスのメリット】

1.

ガスの成分が全国共通
都市ガスと違い、プロパンガスはガスの成分が全国共通です。よって、汎用性が高く引っ越しをしても、ガス器具を新調する必要がありません。

2.

災害時の復旧が早い!
災害時に火災などのデメリットがある反面、プロパンガスは都市ガスと違いライフラインがないので、地震などの災害があっても、復旧まで時間が掛かりません。

3.

初期費用が掛からない
屋外に設置してあるガスボンベから、屋内へのガスの供給にはやはりガス管の埋設が必要になります。しかし、これに掛かる費用は設置時に支払うことはなく、無償貸与のかたちで数年にわたって減価償却されます。

4.

熱量が高い!
プロパンガスは、都市ガスに比べて2倍近くのカロリーがあります。なので、お風呂が沸くまでの時間が早い。また、火力が強いので料理にはプロパンガスの方が向いています。そういった理由から、大半の飲食店では、プロパンガスを導入しています。

スポンサーリンク

【プロパンガスのデメリット】

1.

料金が高い!
プロパンガスは、都市ガスのように公共料金ではないため、業者が自由に料金を決めることができます。よって、必然的にプロパンガスの方が、圧倒的に料金が高いのです(都市ガスに比べて、およそ1.5倍~1.7倍程度割高)。

業者によって料金が違うので、お隣と比べたら年間で5万円近くも高い料金を取られていたなどと言うこともあります。

2.

ガス漏れの際危険度が高い
都市ガスは、空気より軽いため、ガス漏れが発生しても天井付近にガスが溜まります。一方で、プロパンガスは、空気より重いので室内の床に溜まってしまい、火災の危険性が高いです。

3.

数年間の縛りがある
メリットのところで、初期費用が掛からないと書きましたが、無償貸与の契約期間は15年ですが、中には10年や13年のケースもあり、ごくまれには20年ということもあります。

しかし、契約期間中でもガス会社を変更することは可能なのです。残存分は、新しいガス会社が引き継いでくれるので、心配することはありません。

【エネピ】 などの、専門の会社にお願いすれば、プロパンバスの切り替えに伴う面倒な手続きなどを、すべて無償で行ってくれるのでとても便利です。

←前のページ|2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

ソーシャルメディア



↑ PAGE TOP